2016/04/05 (Tue) 21:00:00

[独自記事] ロマンがビンビン!!! ⇒ 米国が進めるグレムリンプロジェクトは成功するのか?

米国防総省が無人機の作戦半径を大幅に伸ばすため、無人機を航空機から出撃させ着陸させるプロジェクトを推進している。

NISI20160405_0011548761_web_99_20160405150311.jpg
写真引用:NEWSIS

米国防総省、航空機から無人機を飛ばす…「グレムリンプログラム」推進
引用:ネイバーニュース/NEWSIS
http://goo.gl/kj35Nr

>>>記事の翻訳(短縮版)
米国防総省が無人機の作戦半径を大幅に伸ばすため、無人機を航空機から出撃させ着陸させるプロジェクトを推進している。

4日(現地時間)デイリーメールによると最近、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)は、飛行中の輸送機から無人偵察機を出撃させて再帰還することを目的とした「グレムリンプログラム」と関連し、4つの業者と契約を締結した。

このプロジェクトが成功すれば米軍のC-130のような輸送機を無人機発射のプラットフォームとして利用して、無人機が偵察任務を果たして帰還することができる構想が現実になる。

輸送機に戻ってきた無人機は、次の出撃のために準備を終えた後、再度出撃することができる。

プロジェクト名として知られているグレムリンは第一次世界大戦当時、イギリス軍のパイロットが目撃したと主張した妖精の名前である。しかしグレムリンを目撃すると、飛行機が壊れることが頻繁し、実際に「悪童の妖精」で有名だ。

(中略)

無人機は、現代戦で重要な役割を果たすが小型無人機の場合、作戦半径が短く運用に限界がある。しかしグレムリンプログラムが成功すれば、無人機の運用範囲は飛躍的に大きくなる。また最終的にはコスト削減の結果につながる。

ただし以前にもあった同様のプロジェクトで難題とされたドローンの帰還を、今回のプロジェクトで、どのように成功させるのかがプロジェクト成功の決定的な要素だ。

出撃はミサイル投下のように簡単だが、安全に母機に帰還することは難題と指摘されている。一方、DARPAは、今回のプロジェクトでは高価な無人機ではなく、約20回程度使用できる安価な無人機を開発し使用する予定である。これにより現存の高価な無人機及び、操作や保守コスト面の問題も解決されるものと予想される。
>>>管理人補足

またロマン系の話ですね。この手の構想は昔からありますが、管理人がこの記事を読んで真っ先に思い出したのはコレ。

McDonnell_XF-85_Goblin_USAF.jpg

これで分かっちゃった人は、かなりの人ですね(笑)

これはB-36を開発した米軍が「この爆撃機を護衛できる戦闘機がないじゃん」と言うことで、B-36の機体に搭載できる小型戦闘機を開発したのが、この「XF-85ゴブリン」です。

見ての通り無理くり感が半端なく(笑)


McDonnell_XF-85_Goblin-1.jpg

こんな感じで、フックを引っ掛けて母機に収納する感じだったんですが、やはりこの時の問題になったのが帰還(母機への)のウルトラ難易度が問題になり、試行錯誤するも「空中給油」の技術にメドがついたため、あえあなく計画が中止されたと言う話。

完成してればこうなっていたんですが・・・


img_20_m.png

JCVHz.jpg

ぱないのぉ!!! 

あぁ、凄い下らない記事になってしまったwww

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
お知らせ:7月は真面目に更新予定
comment (11) | 独自記事

コメント

20257 | 2016/04/05(火) 22:28:42 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
何だか「グレムリンプログラム」推進という記事内容より、
管理人さんの補足の方が本文になってる様な気がするw
アホな下朝鮮の記事の中の箸休めみたいで良いのではないですか?w
20259 | 2016/04/05(火) 23:15:41 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
バ、バンシー
20260 | 2016/04/05(火) 23:18:04 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
『悪くない。なかなか面白いよ 』
ボクは決め顔でそう言った
20261 | 2016/04/05(火) 23:21:28 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
ふーん、こんな計画があったんだ

管理人さんは、なんでも知ってるネ
20267 | 2016/04/06(水) 06:41:05 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
いくら管理人さんだって、なんでもは知らないだろう
知ってることだけ
20268 | 2016/04/06(水) 07:37:58 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
ゴブリンよりもTACOMを想像してしまった
空中給油機みたいな感じでテイルブームでキャプチャすりゃええんとちゃうか
ブームを機内に引き込む感じで取り込めば楽とちゃう
20277 | 2016/04/06(水) 10:25:33 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
ま~最初に思い浮かべるのはゴブリンだわなw
20293 | 2016/04/06(水) 17:45:58 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
らららぎさん。
失礼かみまひた。
20294 | 2016/04/06(水) 17:50:13 | URL | edit
南北駆逐 #-
これ飛ぶの?
20315 | 2016/04/07(木) 01:58:36 | URL | edit
私は除鮮に参加します #-
見たことない人も多いだろうが写真の収容場面は動画で、このあとフックにぶつかってキャノピーを破損します。
つまり収容失敗。
昔の人は無茶な事考えるね。
イギリス海軍が考案した『スカイフック』なんかもコレと同じ類の代物で、素人が考えても絶対にうまくいかないって分かるようなのだらけなのが凄いわ。
20325 | 2016/04/07(木) 03:59:11 | URL | edit
よみ人知らず #-
マッドサイエンティストの系譜はドイツ、ロシアだと思ってたんだけれど、アメさんもナカナカ、イッちゃってますなあ。

合理主義一辺倒かと思うけれど、アメさんって、パイオニアの国だけあって、結構けったいな機械やら発明も多い。ニコラ・テスラだって、アメリカ人だし。小生はNASAの試作機あたりがいい味出してて、好きですね。

オスプレイも、もう見慣れた感があるけれど、当初はあれも結構けったいなヒコーキだったよなあ。いや、ヒコーキとヘリコのハイブリッドか。合鴨だな。変な機械、好きだねえ。
コメント:
シークレット: 管理者にだけ表示を許可する